聴覚と視覚

こんなんあります。ありました。

VISUAL-SPATIAL Learners

ざっくり言うと、


脳は右脳と左脳に分かれており、

二つはつかさどる機能が異なる。

左脳はAUDITORY-SEQUENTIAL(言語論理系)、右脳はVISUAL-SPATIAL(映像感覚系)。
注)↑厳密に訳してないです

左脳型の人はものを言葉で捉え、細かいことに注意が行く。

右脳型は、ものを映像で捉え、細かいことよりも全体を把握する。


人によって、右脳型と左脳型の二つのタイプがあるという話です。




わたしは映像系です。

言語系の人は苦手です。ぜんぶ言葉で説明しようとするので。

図(またはマインドマップ)にしてもらったほうがよっぽど理解できるのに。。。

と思うのですが、たぶん相手は逆に思うのでしょう。


ちなみに、

手の組み方(恋人つなぎの組み方)、腕の組み方でどちらの手が上にくるかで

右脳型左脳型がわかる、みたいなやつがありますが、

これとか↓
右脳・左脳のおもしろ診断

これもどちらも左が上で、右脳型でした。



さて

思うに、映像系の人のほうが感受性が豊かな気がします。

わたしが知っている範囲の人は、ですが。


ようするに思いやりのある人が多い。

相手の立場、気持ちを考えられる。


…同じタイプラブです


同じ映像系の人のほうが話も合うし。

会話が成立するというか。

どうも言語系のひとたちとは会話の組み立て方が違うようで。






まあなんかいろいろ書きましたが、


いろいろな考え方、捉え方があるのだから

それを認識した上で、相手に接しましょう。

大事なのは『思いやり』です。

やさしい人になりましょう。





コメント

非公開コメント

プロフィール

マリーさん

日常にスパイスを!ということで
ヒマを見つけては自転車に乗ってます。高回転型です。

趣味
バイク:kawasaki baliusⅡ
自転車:khodaa bloom n1.0s
音楽:popsからmetalまで
その他いろいろ。

思ったことをぽちぽち書きます。
バイクの走行距離50,000km突破!