映像記憶

写真記憶、ともいうみたいですが。


どうもわたしはこれを使っているフシがあります。

といっても、一目見た風景を数日後精巧に描ける、とかすごいものではないです。


学生時代は、試験勉強は読むだけが多かったです。

なんで読むだけで分かるの?と聞かれたこともありましたが、

何回か読むと、ページごと覚えていました。

基本的に試験範囲というのは限られているので。

文字を覚えるというよりも、パラグラフの形を覚えるという感じです。


友人に

「~ってどういう意味だっけ?」

と聞かれると、

「教科書の○章の真ん中らへんの右上に写真があるページの下のほうに書いてあるよ」

という具合に答えてました。


大学生のときに気づいたんですが、普通じゃなかったみたいですね。

どのページになにが書いてあったかなんて誰も覚えていなかったです。






また、本を読むのが速いほうです。

じっくり読まなければ、文庫本で1時間くらい?です。

人によっては、文章は先頭から1文字づつ追いかけて読むらしいですが、

わたしはブロックごと(気分や体調でブロックの大きさは違う)に読んでいました。


これを突き詰めたのが~式の速読みたいですね。


過去に速読や速聴に興味をもったことがあり、

そういうものを扱っているところに資料請求をしたことがあります。

(案の定、その後の勧誘がすごかったですが)

そのころは、宣伝にある「1分間に○万字!!」とかほではないにしろ

どうもすでに速読・速聴を行っていた気がしていたので、

もしこれ以上に能力が伸びるなら、それは便利だと思いまして。



で、速聴体験の電話にかけてみました。

まず速聴について説明してくれたあと、

ある内容の話について、

普通の速さ→2倍速→4倍速

の順に聞かせてくれました。


4倍速はさすがに全部は分かりませんでしたが、

2倍速は聞き取れる範囲でした。


たぶん4倍速が聞き取れるようになるのが目標だったと思います。

聞き終わった後、

「どうでしたか?聞き取れなかったでしょう?」

と聞かれたので、

「そうですね、~とか~の話というのは分かりましたが、全部は分かりませんでした。」

と言うと、

どうも電話の相手は、

聞き取っていたことが信じられなかったらしく、

ハイハイみたいなかんじで流されてしまいました…汗

なんでだよ…



まあそんなわけで、この講座は自分には必要ないことが分かったので

その講座は丁重にお断りしたわけですが。

そんなエピソードもありつつ。



基本、記憶は写真として頭の中にあり、

記憶を取り出すときは、その写真を拡大しています。

ただ、写真がピンボケしていたりで正確に取り出せないこともありますが。

意外とこういう人は少数派のようですね。


にしても、一目見た風景を数日後精巧に描ける人の

頭の中の感覚をのぞいてみたいです。

また違った世界で処理しているんだろーな。

コメント

非公開コメント

プロフィール

マリーさん

日常にスパイスを!ということで
ヒマを見つけては自転車に乗ってます。高回転型です。

趣味
バイク:kawasaki baliusⅡ
自転車:khodaa bloom n1.0s
音楽:popsからmetalまで
その他いろいろ。

思ったことをぽちぽち書きます。
バイクの走行距離50,000km突破!