ストレス耐性

先日、知人とストレスとの向き合い方の話をした。


なんでも、人のストレスとの向き合い方には

4パターンあるとテレビでやっていたらしく、

1.正面から立ち向かう
2.なかったことにする(あとで直面せざるをえない)
3.逃げる(永遠に向き合わない)
4.…忘れた(爆)


らしい。


それを聞きながら自分のことを考えていたのだが、


上のパターンで言えば基本的には1かな。
さもなくば3。


それを解決することで自分に、あるいは周りにいい結果をもたらすような問題。

そういった立ち向かうべき問題には当然立ち向かう。

自分の知識・経験を伸ばせるようなこと。

精神的にプラスになること。

自分のためにはならなくても、誰かに幸せを与えるとか、

苦しみを少し減らせるとかいうようなこと。


これは長年いろいろ考えた末にそういう生き方に落ち着きました。

聖人君子にはなれなくても近づくことはできると。

たとえ微力であっても周りをいい方向に向けてコントロールする。

それが義務ではないけど、わたしのなすべき、進むべき道だと。




それとは逆の立ち向かう必要のないには徹底的に近寄らない。

君子危うきに近寄らず。

たとえば、酔っ払いにからまれそうなときとか。

明らかに無駄でしかない仕事を押し付けられそうなときとか。

憎しみや悲しみしか生まれそうにないこととか。

そりゃ逃げます。





ポジティブ思考を薦めている本とかありますが、

一概にいいとも言えない気もする。


自分と向き合うことが足りない人もいるから。


でも向き合いすぎてつぶれてしまうのも問題なので、

そういった意味でギリギリのところをコントロールするための

前向きな考え方は必要だと思う。



いつも自分と向き合ってギリギリを生きていたせいで、

倒れそうなところで倒れないでいられるすべを身に着けた。


…なんか歌の歌詞みたい。。。



生きにくい世の中と言われますが、

はたしてどうしたら生きやすい世の中になるのでしょうか。

原因は社会なのでしょうか。

政治なのでしょうか。

経済なのでしょうか。


難しいですね。

コメント

z

はじめまして
初めて書きます gと言います
OEが強く出るので、恐らくギフテッドです でも普通の人がどんな風に感じてるか分からないので、確証はないです

周りを良い方向に向かわせようとする、使命感みたいなもの 自分も感じているので分かります
それが無くても、周りが悪い方へいったとき、悲しくなるのは自分ですから

もっと暖かい世の中になればいいと思います
駄文失礼しました

マリーさん

Re: はじめまして
> gさん
コメントありがとうございます。
みんながあなたのように考えることができれば
世の中のギスギスも少しは減るんでしょうね。
自分でも他人でも、つらかったり苦しんだりしてるのはいやなものです。
非公開コメント

プロフィール

マリーさん

日常にスパイスを!ということで
ヒマを見つけては自転車に乗ってます。高回転型です。

趣味
バイク:kawasaki baliusⅡ
自転車:khodaa bloom n1.0s
音楽:popsからmetalまで
その他いろいろ。

思ったことをぽちぽち書きます。
バイクの走行距離50,000km突破!